「べにしだ物語」を読まれた方から…


「べにしだ物語」を読まれた方から…

 法人が出版した「べにしだ物語」-知的な障害のある人たちと共に-(法人設立30周年記念誌 2002年12月刊行)を今回、福祉の専門学校の方が授業で紹介されたようで、数名の方から本を送ってほしいとご連絡があり、送らせていただきました。
 
 その送らせていただいた方よりうれしいお便りをいただいたのでご紹介させていただきます。
「今年4月から社会福祉士の資格を取る為 通信教育課程で学んでいます。両親の入院や介護で、社会福祉士の仕事を知り、どこまで出来るか自信はないがやってみようと学び出しました。施設のこと、利用者さんとのやりとり、障害を持つ方の御兄弟の思い、地域の人達との交流など、多岐にわたり綴られていて、興味深く読みました。12月に施設に実習に行く予定なのですが果たしてちゃんと出来るか、不安です。しかし、20頁の『人はさまざまに生きており、且つ流動的であり、人が他者のすべてを理解することは不可能なのである。わからない時はわからないまま共存していくしかないのである。』この一文に、勇気づけられました。ありきたりですが、精一杯利用者さんと関わろうと思っています。…」

 法人で出版した本やDVDなどを必要な方にお分けしています。お気軽にお問い合わせください。

syupan7-1.jpg

コメント


認証コード2463

コメントは管理者の承認後に表示されます。