自然栽培の大豆を使って100㎏の味噌造りを行いました!

3月3日にれいんぼうで育てた自然栽培の大豆を使って100㎏の味噌造りを行いました!

 
 昨年の11月からマルシェに出店できるようになった「みんパタ暮らしの朝市」さんにお願いして、れいんぼうで育てた自然栽培の大豆を使って100㎏の味噌を造りました!れいんぼうから石臼と杵を持ち出し、みんパタさんのものと合わせて3つの石臼で茹で上がった大豆を大量に潰していきます。ゆでたままの豆がまたうまい!利用者さんは久しぶりのイベントで外に出かけられたこともうれしそうにしていて、順番に杵を持って大豆をすりつぶしていきました。機械やミンチの道具よりも石臼が断然おいしそうです。興味津々で、なかなかに上手な力加減でやっていく利用者さんたちにびっくり!ハラハラしたのははじめだけで取り越し苦労でした。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

 午後からのグループのメンバーで、麹(こうじ)と塩と潰した大豆をまんべんなく混ぜ、おにぎりを握るように丸めて樽に詰めていきます。それぞれ思い思いに、できるようにできることをやって、日常をふと忘れてぼっとうできるなんとも楽しいひとときでした。最後はみんなで記念撮影。味噌を食べるのは秋までのお楽しみ。給食やホームで食べる日が待ち遠しいです。これからも、利用者さんと一緒に野菜を通して豊かな時間を過ごしていきたいと思います。(田中)

画像の説明

画像の説明

画像の説明

コメント


認証コード4833

コメントは管理者の承認後に表示されます。