法人内職員情報誌「ラポールあさみどり」


法人内職員情報誌「ラポールあさみどり」

 コロナ禍で法人、各事業所において計画していた行事等がほとんど中止、延期の中でなかなかお知らせできるものがありません。少しずつ普段の生活や活動は戻りつつありますが、各事業所現場ではまだまだ慎重に状況をみながら対応しています。
 今回は法人内で職員情報誌として発行している「ラポールあさみどり」についての記事です。(写真は第89号 明日発行予定です)
 法人では現在、療育援助の教育とその活動に対する理解、啓発のための機関紙「療育援助」(1974年~)の他に、職員向けの情報誌「ラポールあさみどり」(1997年~)を発行しています。
 「ラポールあさみどり」は法人内職員情報誌として、その時々必要な情報を形を変えながら発行しています。当初年4回でしたが、最近は年3回。もともと正職員のみ対象でしたが、現在は全職員に配布されています。
 最初に発行された頃は、べにしだの家が開設されて3年目で職員の数も少なくお互いの顔も見えていたのだと思いますが、現在、その当時から考えると職員数(242名 2020年4月現在)もかなり増えていて、職員同士でさえ顔や名前がわからない状況があります。
 そんな中各事業所で行っていることや新人職員や有期契約職員の皆さんの紹介など、当時とは違う意味で「知ってもらう」ために発行しています。

ラポールあさみどり

コメント


認証コード5235

コメントは管理者の承認後に表示されます。