発達障害対応研修も3年目


横浜やまびこの里 小林信篤さんを迎えて ケースカンファレンスを行いました!

 法人成人3事業所では小林信篤さん(横浜やまびこの里 障害福祉事業部長)を講師に迎えて、発達障害をもつ方との接し方、対応に対するカンファレンス(協議)のスーパーバイズ(指導)をお願いしています。
 自閉症スペクトラムの方たちの主な障害特性は ① 社会性 ② コミュニケーション ③ 想像力 ④ 感覚 ⑤ 認知/記憶 ⑥ 注意 ⑦ 運動/姿勢 に特性が出ることが多いの(個人差はまちまち)ですが、その特性の弱み(できない、苦手など)に着目するのではなく、強みをどのように活かすかに着目しながら自分たちの対応を振り返っていきます。
 今年度で3年目(べにしだは2年目)となり、自分の事業所だけでなく法人他事業所にも参加してもらいながら、スキルアップを図っています。また法人外の事業所も参加して自閉症スペクトラムの方たちへの理解と対応について学んでいます。

画像の説明

画像の説明

コメント


認証コード5624

コメントは管理者の承認後に表示されます。