いよいよ本日、「わらび福祉園」が法人を離れ、明日から新法人「あさみどりの風」の「わらび」として新たな夢に向かって出発します。


わらび福祉園が新たな歩みを始めます!

 本日付けで「わらび福祉園」「わらび共同生活援助事業所」「ヘルパーステーション笑の家」ほか関係事業が事業廃止をして法人から離れ、明日10月1日より新法人あさみどりの風の「わらび」「共同生活援助事業わらび」「ヘルパーステーション笑の家」として事業を開始いたします。

わらび福祉園 
 
 わらび福祉園は1982(昭和57)年に開所され、今年で38年が経過しています。本来ですと節目となるような法人分離であったり、新法人・事業所開設の記念式典等を開催するのですが、このコロナ禍の中多くの人たちに集まっていただくことが大変困難な状況の中、今までの歩み、これからの夢を一冊の本にまとめました。
 本日、法人本部にもその本が届きました。今まで関わっていただいた方やこれからこの仕事を目指す方や小さな障がいをもつ子どもさんの家族の方にも読んでいただければと思います。

「わらびの途(みち)」 -開園から38年、新法人設立に向けて-

画像の説明

 本のカバーの見開きに「風は目には見えませんが 揺らぐ木の葉に 頬を撫でる感触に 風鈴の音に… 人のこころを揺り動かす風の姿を感じます 私たちは未熟ながらも 優しく しなやかに…主役である本人方に さり気ない風のように寄り添いながら それぞれの人の それぞれの夢をみんなでワクワクと追い続けたい…」と書かれています。

 本日をもって社会福祉法人あさみどりの会からは離れて、新たな夢に向かって出発します。
 あさみどりの風のホームページはこちらになります。まだ開設されていないようですが、近日中に見れるようになります。

コメント


認証コード9165

コメントは管理者の承認後に表示されます。