たくさん大豆が取れました!

たくさん大豆が取れました!!

 れいんぼうは、自然栽培で無農薬・無肥料の野菜作りをしていますが、土作りをしていくためにも、昨年はすべての畑に大豆を植え80㎏近い大豆が採れました。品種は「ふくゆたか」です。大豆は枝ごとを引っこ抜いて収穫し、しばらく干してから豆を落とします。棒で叩いて豆を落とすのは、とても手間がかかり、困っていました。そこで、昔ながらの農具「脱穀機」と「唐箕(とうみ)」を探しました。畑の貸主さんがまだ持っている農家さんがいないかあたってくださり、近所に譲っていただける農家さんが見つかりました。取りに伺うと「(れいんぼうワークスは)あそこの畑やってるでしょう?ずっとみてたよ。暑い日も毎日頑張ってやってるよねぇ。れいんぼうさんのために使ってもらえれば、うちに眠っているよりいいから。使ってもらえたら、ありがたいわ。がんばってね!」とおっしゃってくださいました。これまでの利用者さんと職員の働きが報われたような気がして、本当にありがたかったです。
画像の説明

画像の説明

脱穀機は足で踏んで回転する部分に房を近付けると豆が一気に爆ぜるものです。それを集めてゴミと一緒に落ちた豆を唐箕に入れて木のハンドルを回すと風の力でゴミと豆がきれいに分別されます。利用者さんも昔ながらの道具にドキドキしながら挑戦し、そのおかげで豆の選別がかなりスムーズになりました。寒い冬の間の作業として豆の脱穀と選別をしていくことができ、年度目標にしていた味噌造りの準備を進めていくことができました!

画像の説明

脱穀機 踏む

コメント


認証コード4957

コメントは管理者の承認後に表示されます。